ハンティングワールド・ウォッチ オフィシャルサイト


  トップページ コンセプト 商品紹介 取扱店舗 Q&A お問合せ  

 
製品について
時計が止まってしまった (クオーツ時計)
電池切れが原因の他に、静電気を受けると誤った時刻を表示したり、電子部品が破損する場合があります。
その場合は点検(有償)をお勧めします。
販売時の内蔵電池は機能チェック用のモニター電池です。このままご使用いただいても問題ありませんが、止まった時点で速やかに電池交換(有償)して下さい。
クオーツ時計は電池切れで止まったまま放置しておくと、液漏れが生じ、内部の機械に不具合が生じる場合があります。
時計が短時間で止まってしまう  (機械式時計 )
運動量が少なく、ゼンマイの巻上げ量が不足しています。
リューズ操作によるゼンマイの巻上げを行って下さい。
時間の遅れや進みが多い
ムーブメントのスペック、精度仕様により多少の遅れや進みが発生します。
当社製品の場合の目安はクォーツ時計±20秒/月以内、機械式時計+60〜-40秒/日以内です。
時間が遅れる  (クオーツ時計)
磁気や静電気の影響が考えられます。
ハンドバッグの留め金、携帯電話などの磁力を発生する物に近づけたり、強い静電気を受けると、ムーブメントに影響を受け誤った時刻を表示したり正常に作動しなくなる場合があるため注意が必要です。
磁気の影響を受け着磁した場合、脱磁処理を行う必要があります。
時間が遅れる  (機械式時計 )
ヒゲゼンマイ、金属部品などへの磁気や静電気の影響が考えられます。
バッグの留め金、携帯電話など、磁力の強い磁石には時計を近づけない等の注意が必要です。
着磁した場合、脱磁処理を行う必要があります。
カレンダーの日付がお昼の12時に切り替わってしまう
時計の時刻が12時間ずれている事によってお昼に日付が切り替わってしまいます。 時計の針を12時間進めるか、戻してください。
時刻表示が午後8時から午前4時の間で日付の修正を行うと、ムーブメントに不具合が生じてしまう場合がありますのでご注意下さい。(ムーブメントの破損は保証対象外となります)
防水性能について
【日常生活用防水(WATER RESIST) / 3ATM〜】
日常生活での汗、水滴等に耐えられるレベルです。 水仕事には使えません。

【日常生活用強化防水(WATER RESIST) /  5ATM〜】
水に触れる機会の多い水仕事に耐えられるレベルです。 素潜りには使えません。

【日常生活用強化防水(WATER RESIST) / 10〜20ATM】
水上スポーツ及び素潜りにお使いいただけます。  ※但し、スキューバダイビング等にはご使用になれません。 
ガラスにくもりが生じた
外気と時計内部の温度差の影響により、一時的にくもりが生じることがありますが問題ありません。
ただし長時間くもりが消えない場合は内部に水分が進入している可能性がありますので、お買い上げの販売店または弊社窓口へご相談下さい。
ご使用の際に水中や濡れた手でリュウズの操作をしたり、水道の蛇口からの水を時計に直接当てたりすると内部に水分が入り込み、くもりの原因になることがありますのでご注意ください。またリュウズには水の浸入を防ぐためのパッキンが内蔵されています。 パッキンの劣化を防止する為、時々リュウズを空回りさせて下さい。
メタルベルトを革ベルトに(またはその逆)交換したい
同じモデルでメタルベルトと革ベルトの両タイプがある場合のみ、交換が可能です。(※有料)
日常の時計の手入れについて
ご使用後、乾いた柔らかい布で汗や汚れを拭き取り清潔な状態を保ってください。
着用によるかぶれについて
時計の本体およびベルトは直接肌に触れていますので、使用状態によっては発疹やかゆみなどアレルギー症状が起きる場合があります。その場合は直ちに時計の使用を止め皮膚科等の専門医へご相談ください。
アレルギーを引き起こす原因となる金属にニッケル、コバルト、クロム等があります。アレルギー体質やお肌の敏感な方は、チタン製のモデルや耐アレルギーコーティングなどの製品をお選び戴くことをお勧めします。
また、常に時計を清潔に保ち、ベルトは緩めに着けて装着部分の通気性を確保して下さい。
電池を誤飲してしまった
腕時計用の電池を誤って飲み込まれると大変危険です。
小さなお子様やペットなどの手の届かないところに保管してください。万一、誤って飲み込まれた場合は、速やかに医師による適切な処置を受けて下さい。
その他
時計を落として止まってしまった
落下や衝突による修理は保証期間内であっても有料となります。
強い衝撃が加わった場合、時計内部の部品が破損する場合がありますので十分にご注意ください。
ベルトを固定しているピン(バンドピン)がなくなってしまった
ピンのみの販売はしておりません。 基本的にベルト交換となります。(※有料)
ベルトの留め具(バックル)が壊れてしまった
留め具(バックル)のみの販売はしておりません。
お買い上げの販売店または弊社「時計サービスセンター」へ修理をご依頼ください。外装部品のため保証対象外となります。
修理可能な期間
設定はございません。 純正部品が無くなり次第、対応を終了させて戴きます。
修理にかかる期間
弊社お預かり後、点検しお見積りのご案内までおよそ2週間かかります。
電池交換の場合はそこからさらに2週間、分解掃除(オーバーホール)の場合はそこから4週間程お時間をいただきます。
※年末年始やお盆などの連休期間は、お戻しが遅くなる場合があります。
修理依頼の方法
お買い上げ店にて保証書をご提示の上、修理をご依頼下さい。
販売店印、購入年月日の記載が無い場合は、有料となります。 詳しくは購入店へお問合せ下さい
お買い上げ店が遠方で修理依頼ができない場合
弊社に電話かメールにて直接修理をご依頼下さい。(午前9:00〜午後17:30 土・日・祝除く)
【東京時計サービスセンター】03-3474-6865
【大阪時計サービスセンター】06-6648-5985
【メールでのお問い合わせ】hww@doshisha.co.jp
保証期間について
保証期間はご購入日より1年間となり、日本国内のみ有効です。
保証内容について
正常なご使用状態による破損または故障が発生した場合には無料で修理兼点検を致します。
使用中に生じるガラス・ケース・ベルト類の外観上の劣化やキズは保証対処ではありません。
また誤った使い方や衝撃による機能低下、破損、故障なども保証対象ではありません。
その他
商品を購入したい
当HP内のSHOP LIST(取り扱い店舗)のページをご参照ください。
店舗に商品が無い場合、代引きによる直接対応も行っておりますので弊社にお問い合わせ下さい。
(午前9:00〜午後17:30 土・日・祝除く)
【電話でのお問い合わせ】03-6408-5634
【メールでのお問い合わせ】hww@doshisha.co.jp

カタログが欲しい
お近くの取扱店舗でお求めいただけます。 店頭にない場合は弊社にご請求下さい。(午前9:00〜午後17:30 土・日・祝除く)
【電話でのお問い合わせ】03-6408-5634
【メールでのお問い合わせ】hww@doshisha.co.jp


≫個人情報保護について  ≫サイトマップ   COPYRIGHT(C) 2009 DOSHISHA CORPORATION ALL RESERVED.